お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ > 2007年11月

悪玉は妻だった

高級クラブでつけ回し、ブランド品のプレゼント…。
前防衛事務次官、守屋武昌容疑者(63)の妻、幸子容疑者(56)が「身分なき共犯」として、夫とともに収賄容疑で逮捕されました。

え?「妻」も捕まるの?と最初に思いましたが、おねだり具合が尋常ではなかったようです。
かかあ天下ぶりが板に付いていたようで、
「防衛省の天皇」と呼ばれた夫を尻に敷きながら、求め続けた接待漬け。

旦那の足を引っ張ったのは妻だったということか?
黒幕は妻ってこと?

今までさんざん不正にいい思いをしたんだから、
当然の末路なのかもしれません。

でも、世の中にはこのように不正にいい思いをしているヒトがまだまだたくさんいるんでしょうね。

ブラックボックス、機密事項を扱っている組織であればあるほど、
外部チェック機能がないので、きっとあるjものと思います。

警察はしっかり捕まえてほしいのですが、その警察も会計情報がブラックボックスだったりするんですのよね。

   

コンビニ価格に地域格差

コンビニ価格にも地域格差が出てきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000908-san-bus_all

原材料高騰が発端で、パンなどメーカーの値上げ発表が相次いでいますが、
ローソン、サークルKサンクスなども値上げをする方向になっています。

同時に出てきているのが、地域の価格差をつけること。

具体的には、所得の多い都市部のみ値上げすることで、価格差をつけようとするものです。

コンビニが格差をつけて売る時代になりました。
これは「格差社会」がたんなる流行語ではなく、実際上存在しているということになります。

とはいえ、日本の格差は世界的に見ると差がないらしいです。
他の先進国では、もっと深刻な格差があるとのこと。

そう考えると、日本で生活できているだけましなのかもしれません。
私は多くも少なくもなく、中程だと思ってますが、

これからの時代は、国や行政に頼るのではなく、自分で自分の所得を確保していく仕組みを、各々が真剣に考えなくては行けない時代なんだな、と思います。

   

日本政府は毅然たる対応を・・・無理か

ミャンマーで反政府デモを取材中に射殺された映像ジャーナリスト長井健司さんについて、
警視庁中野署捜査本部は1メートル以内の至近距離から銃撃されたなどとする鑑定結果を発表しました。

司法解剖の結果、長井さんは背後から撃たれており、死因は左腰背部から右腹部にかけ銃弾1発が貫通し、大量の血が流れたことによる失血死だったことが分かっています。

また、ビデオカメラなどの遺留品は、未だに返してもらっていません。

日本政府はミャンマー政府に強い態度で迫る必要があるでしょう。

たぶん、今までやっているのは口答レベルなのではないでしょうか。

経済制裁やればどうか、なんて思いますが、
今の日本は食品ですら自国でまかなえない、他力本願的国家。

これでは、日本政府は他国に対して毅然たる態度、強く迫るような態度と、態度どまりで、
実効性のある何かはできないんでしょうね。

   

三つ星ってなんぼのもん

22日に発売されたレストランガイド「ミシュランガイド」の東京版。

テレビや雑誌で特集を組んだり、
それはもう凄い騒ぎだったと思います。

東京版は1地域150軒という世界最多の星を獲得したようですが、
判断基準が明確ではないため判定には異論もある。

確かに、日本料理をどれだけ理解し、評価しているのか。
これについて疑問を投げかけている声も多いとか。

おどろいたのは、
三つ星を断った店もあったとのこと。

 「京味」の西健一郎氏(70)は三つ星を打診されながら辞退。「うちの店はカードが使えないし、従業員に語学ができるものがいない。外国人のお客さまが来ても満足なサービスができない」と判断したためとのこと。

さて、ミシュランガイドはこれからどのような影響をおよぼすのでしょうか。

   

朝潮太郎のときは良かったのに

 大相撲の高砂一門は、福岡市内で一門会を開き、
朝青龍の師匠である日本相撲協会理事の高砂親方=元大関朝潮=が、来年1月の初場所後に行われる協会の役員改選に出馬しない意向を表明したとのこと。

自分の弟子を更生できない親方。
朝青龍事件をここまで延ばしているようだと、大相撲協会の役員に相応しくないというのもうなずけます。

現役時代は朝潮として、人気があった親方。
あのときは勝っても負けてもファンは応援し続けたものと思います。

しかし横綱までは上らなかった。
これが横綱朝青龍を心の底から教育できない原因なのかもしれません。

横綱とはどうあるべきか、なんて横綱を経験した人にしか心に伝わる指導は出来ないと思うのです。

今回は朝青龍の性格にも問題があったと思いますが、
今後の相撲人気復活のためにも、役員はつとめずに、朝青龍問題に早くケリをつけるべきでしょう。

   

ばれても隠蔽しつつける船場吉兆

高級料亭「吉兆」グループの船場吉兆(大阪市中央区)による偽装表示事件で、
同店が農林水産省の調査に対し、牛肉のみそ漬けに使った食肉の仕入れ伝票について、
「今年2月以前のものはない」として提出していなかった。
吉兆側は「季節商品」であることを理由に挙げたが、みそ漬けは一年を通して販売されており、同社の説明と矛盾が生じている。

ばれやすい嘘をよくつくものだなと思います。

また、ここまできてもなお隠蔽し続けようとする体質や考えにまったくかわりがないことを態度で示した、とても愚かな出来事だと思います。

この会社は上層部は知らぬ存ぜぬの記者会見が印象的でしたが、きな臭すぎて見てられませんでした。
こういう会社は検察当局はしっかり捜査し、今の経営陣にはきっちり責任をとってもらい、経営陣を一新することが早急に必要です。

このような偽装は氷山の一角で全国に多く点在してそうな気もします。他の業者はこのような事件をみてしっかり襟を正してほしいと思います。

   

イラク派遣が原因の自殺?

インド洋やイラクなどへの海外派遣任務に就いた延べ約1万9700人の自衛隊員のうち、
16人が在職中に自殺していたことが政府が閣議決定した答弁書で明らかになりました。

イラクに派遣されて戻ってくると、かなり財産を築いていると思います。
危険地帯であり、遠い国であり、単身であるわけですから、多くのリスクを背負ってそれなりの対価があるわけです。

でも実際に行くとなると、政府はいくら安全な地域に送るとはいえ、日本の何十倍も危険であるわけで、冗談ではなく死を覚悟していくわけです。

それだけに、イラク派遣が決まった自衛官はかなりのストレスを感じる人も多いでしょう。

自殺した16人はどのような事情があったか知りませんが、
いくら、自衛隊を自分で選んだ職業だといえ、とても気の毒な気がします。

政府は安全だというなら、政府の要人が何度も入って証明すればいいのに。
それが出来るくらいのところなら、本当に安全だと自衛官も思うでしょう。

   

イチロー中日にはこないでしょう

アッコにおまかせ!で、和田アキ子がイチローとの親密ぶりを披露したようです。

親密ぶりと言っても友人レベルの話。

イチローをかなり気に入ったようで、べた褒めだったとか。

その話の中で、イチローが中日のユニホームを着るのが夢であることも話しました。

でもイチローには最後までメジャーでやってほしいという気がしますし、
一方で日本でのプレーも見てみたい気もします。

中日のユニホームを着るのが夢といっても子供の頃からの夢で、
本人はやはり野球のレベルの高いところでやりたいからメジャーにわたったのであって、

今の地位には満足しているはずです。

   

WBCの再現となりました

中日ドラゴンズが韓国の球団を破り
アジアシリーズを制覇しました。

前に、WBCの再現になるのではと書きましたが、
その通りになったわけです。

途中の展開ではもうすこし楽な展開かと思いましたが、
8回にドラマがありました。

中日5-3SKと、中日が2点リードのところで、SKが2アウトランナーなしから結果的に同点に追いつき、
すぐあとにあわや逆転かという大きな当たり。

最後の最後まで目が離せない展開であったと思います。

残念ながらテレビでは途中で中継が終わりましたが、

結果的に3連覇した中日におめでとうとおつかれさん、と言いたいです。

スコアはこちら
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/asia/07season/live/111_asia.htm

   

コンテンツ無いですから

NTTが光回線の目標値を下方修正し、
3000万回線を目標としていたのを2000回線に大幅に減らした。

根拠が固定電話が6000万加入だったから、
その半分は入るかな?と思ったのでしょう。

しかしそうはいかなかった。

世の中、今も固定電話だけであれば、十分現実的な数字だったのでしょうが、
携帯電話が爆発的に普及したので、固定電話そのものを必要としない世帯が増えてきているのも一つの要因ではないでしょうか。

また、光を必要とするようなコンテンツもあまり増えてきていないといえます。
ユーチューブなど動画サイトや動画コンテンツは、それなりに増えてきているものの、「電話」その者のように生活に必要なコンテンツと違います。

動画、映像と言えば、テレビやビデオ、映画といったところでしょうが、
生活に密着しているのはテレビくらい。

そのテレビは、空中派で受信していますし、わざわざ通信回線を経由する必要も無し。

VODと言っても、著作権が厳しくて、DVDで借りてきたもののように、コピーできるわけでもなし。
(コピーは違法なんでしょうけど)

そうでなくても、ゲオ、ツタヤで安くレンタルしてますから、家にいたまま借りられるとは言っても・・・。

しかし、NTTが光に代えているのは、次世代ネットワークを構築しているように、IPベースでのすべての通信を管理することで、固定電話網の膨大な運営費を減らしていき、財政基盤を健全化していこうという点も大きな目的だと思います。

今のままだと次世代通信網も維持し、固定電話網も維持し、計算と違う方向に行っているのではないでしょうか。
とはいえ黒字企業であることは確かなので、当面は大丈夫だと思いますが。

   

サムスン日本じゃ厳しかったようで

テレビ世界最大手の韓国サムスン電子が、薄型テレビをはじめとする家電販売で日本から撤退するらしい。
小売店、インターネット販売を停止しするほか、日本向け仕様の製造もやめる。

日本メーカーは世界に誇るところばかりですから、
しかも価格競争が激しいと来たら、多少割安な韓国メーカーの製品に競争は厳しかったのだと思います。

おそらく韓国製の自動車もあまり販売は伸びていないのではないでしょうか。

日本では売り上げを上げていなくても、ヨーロッパでは結構いけているようで
サムスン電子についても、そちら向けにリソースを集中するようです。

世界に誇るブランドを持つ国で、それに対抗することはかなり難しいでしょう。
それは日本車も同じことだと思います。

ドイツではフォルクスワーゲンとかベンツとかあり、世界的なブランドですが、そこでの日本車販売はあまり思わしくないと聞きます。

早めに見切りをつけるのもスピード経営でしょうから、賢明な判断だったと思います。

   

WBCの再現か、はたまた

アジア4カ国・地域のプロ野球リーグの代表チームが参加し、アジア王者を決定する「コナミ杯アジアシリーズ野球」がついに東京ドームで開幕しました。

さて、日本王者の中日ですが、1次リーグ初戦で韓国王者SKと対戦し、3-6で敗れました。

韓国、まあ強いですもんね。

WBCでは最後に勝って優勝できたものの、
リーグ戦では2回とも負けてます。

ただ気になるのは、今回のアジアシリーズも、予選リーグをやって、上位でまた試合をするところ。

WBCでは予選で負けましたが、最後は日本がおいしいところを持って行きました。

今回がWBCの再現となるのか、こう思っているのは日本人だけでなく、韓国人も思っているのではないでしょうか。

それともそうは問屋がおろさないのか。

いずれにしても、中国には勝つと思いますが、台湾に勝つことに集中しないとやばいことになります。

   

プロ野球にK-1がスカウト

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000969-san-spo

戦力外となった選手らを対象としたプロ野球の12球団合同トライアウト(入団テスト)が、川崎市のジャイアンツ球場で行われました。

ここに12球団の編成担当者らに混じって総合格闘技「K-1」の谷川貞治代表取締役も視察に訪れたとのこと。
元ロッテの4番打者で、現在プロ格闘家の立川隆史氏も同行しており、谷川氏は「第二の立川を見つけたい」と言ったようです。


まあ、トライアウトを受けている人たちは野球をしたいわけで、K-1のことはきっと考えていないでしょう。

でも、谷川代表が認めるように、プロ野球選手はたぐいまれなるスポーツの素質の持ち主でもあります。格闘技ではジャイアント馬場が巨人の選手だったことは有名ですが、ゴルフでも尾崎将司はプロ野球から転身しています。
板東英二は・・・スポーツではないですが、いずれ野球以外にも多彩な才能を開花させている人が多いのも事実でしょう。

どれだけK-1のメガネにかなう人がいるかは解りませんし、いたとしてK-1に転身する気があるかも解りませんが、
結構いいところに目をつけているかもしれませんね。

   

恥をさらせば吹っ切れる

小沢代表が辞任の意向を翻し、代表継続です。

やはり民主党議員はしっていました。
今、自民党に立ち会えるのは小沢氏しかいないことを。

鳩山氏でも菅氏でもなく、小沢氏です。

顔は悪人面ですが、実績は一番あるでしょう。
といっても、政権与党を離れて久しいわけですが、

かつて自民党で若いのにぶいぶい言わせていたのは伊達じゃないでしょう。

今民主党は日本国民から必要とされています。

それは、自民党が小泉改革で独走した結果、
今痛みを分かち合えば明るい未来が開ける、と言って進めてきた改革により、
明るい未来が開けたのは大企業上層部ばかりで、一般国民にその果実がこない仕組みが定着してしまったように思えます。

自民党、小泉氏も良くするためにやったことでしょうが、
それを立ち止まって検証するような対立者、対立の党がなかったことも確かです。

民主党はいまその立場にあります。
2大政党制が実現しつつある今、その利点、効果と言うものを十分に発揮して欲しいと思います。

   

民主党はマニフェストをどう考えているのか

大連立を蹴った民主党ですが、
小沢代表が大連立をうけいれようと思った理由には
「政策を実現できる」という理由もありました。(たしか・・・)

民主党が連立与党になることには世論も多くが反対のようですし、
自民と一緒になったらなあなあになりそうでいやなきがするのはたしかです。

でも、民主党が掲げる、「農家戸別保障」をはじめとするいくつかの政策案、民主党のマニフェストは、参院選で勝利したら実現しますと約束したものではなかったのでしょうか。

実際には、参議院で過半数をとったとしても、衆議院で力がなければこれらの政策は実現できないのですから、衆議院で政権与党になる必要があります。

民主党は衆議院で政権交代することを狙っていますが、それはいつになるのでしょう。
地方の反乱によって参院選を大勝しましたが、
自民党は地方重視をうちだしてきている今、そのように勝てるつもりでいるのでしょうか。

政権交代の実現性が疑問視されてきている今、民主党がマニフェストを確実に、早いうちに実現できるのは大連立なのではないかと思ってきました。

参院選後、まともな法案が一つも通っていないのは「ねじれ国会」であるからであり、
国政の停滞を招いているのは事実でしょう。

いまのままだだをこねるのが民主党のやり方ではないでしょう。

   

小沢の代役はいるのか?

福田首相と2人だけで党首会談を引き受けた民主党党首小沢氏。

これについて民主党内から批判が噴出。
小沢氏は民主党の党首を辞任する意向を固めたようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000910-san-polこれでいいのか民主党。
今まで、鳩沢、菅、などなど党首となっても今ひとつぴりっとせず、
自民党で幅をきかせていた小沢氏が党首となり、自民批判と選挙が絶妙なタイミングで重なって、
圧勝したのはついこのまえのこと。

民主党が圧勝できたのは、この要素が結びついたからではなかったのでしょうか。

小沢氏はイケメンではなく、むしろダーティーな部分がある人という気はしますが、
政権交代したときに頼れるリーダー的な要素を兼ねている人ではないかと思います。

つまり、ここで小沢氏が降板すると、民主党の支持率はがた落ちして、
自民党の的ではなくなるのではないかと思うのです。

自民党の独走にストップをかけ、弱者への配慮をした政策がやっとはじまったときに、残念な方向に向かうような気がします。

   

サービス残業が業績に与える影響

サービス残業による賃金不払いがあったとして、京都労働局が富士火災海上保険とホテルグランヴィア京都に是正勧告していたとのこと。

その富士火災海上保険は全国の従業員約1000人に計約2億7400万円を支払った。
そして、ホテルグランヴィア京都従業員約400人に計約2億円を支払った。

サービス残業はなぜおこるか。
企業は当然支出を減らしたいわけですから、残業の必要があっても申請しにくい。
上司は部下の残業が多いと管理責任が問われるので、あまり認めたくない。

結局は労働者の泣き寝入りとなるわけです。

会社の業績が悪くなればクビになるわけですから、労働者側は我慢している面もあるわけですが、
経営者側は業績に大きな影響がないのであれば、残業代は当然支払うべきです。

それが働く側の生活の助けになるだけでなく、仕事をするうえでのモチベーション維持になるのではないでしょうか。

よろこんでサービス残業している人など普通はいないでしょう。
労働者に配慮した賃金支払いを適切に実施し、景気回復が労働者にも実感が出るようにしてほしいとおもいます。

   

年金税金はどうか

政府税調、消費税の「増税必要」で一致し答申に明示することになりそうです。

国の借金は776兆円もあるようで、国民の社会保証の安定財源として必要という共通認識があるようです。

社会保障と言えば近いものに年金があります。

年金の不払い問題を解消するため、あの手この手を考えているようですが、
そもそも年金が税金でないのは、入ろうが入るまいが勝手だからではないのか。

年金の管理をしっかりせず横領しまくりの社会保険庁があるのは論外すぎてばかばかしい話ですが、
税金にしないのなら年金を納めない自由もあるわけで、

国民みんなに払ってほしいなら、最初から税金としてとれば良いのではないでしょうか。
中途半端な仕組みを作っているから横領しやすくチェックの行き届かないようなシステムだと思うのです。

そんなに広く国民からもらう必要があるなら、いっそ税金にした方がわかりやすくて、今より安全だと思います。