お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ > 2008年9月

ネット犯行予告は見つからないと思ってるのか?

ネットの掲示板に
「池袋でナンパしている男を刺し殺す」と殺害予告を書き込んだとして、男が逮捕されました。
勤務先が池袋で、「毎日駅で若い女性をナンパしている男を見掛け、イライラしていた」と供述しているということですが、
ネットでは誰からもわからないと思っているのでしょうか。

通信の世界は情報の送信元と送信先をはじめ、様々な情報がはっきりしていないと通信できない仕組みです。
ということは、犯罪予告も自分の名札を付けてやっているに等しいわけです。

ブラウザ上にはそんな情報は表示されないので、深く考えない人は好き勝手なことをいくら書き込んでも大丈夫だと思うのでしょうが、大間違い。

相手の顔が見えなくとも、ネット上のマナーを守りましょう。