お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ > 2009年1月

小林麻耶アナが人気のようで

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090125-00000002-jct-ent

小林アナフリー転身のニュース。
自身の説明によると、退社の意向を上司に伝えたのは「昨年の夏から秋にかけて」。新ニュース番組への出演の話は、「(上司への相談の)その後」「声をかけて」もらったそうだ。話し合いをする中で「会社も全面的に応援するよ、と言ってくれました」と円満退社だったことをうかがわせているとのこと。
はたしてTBSも計算どおりだったのでしょうか。新番組に小林アナをあてたのは、局アナ登用による経費節減という話も聞きます。
とはいえ、フリーになりたいなら花のうち。特にかわいらしさを売りにするのであれば、今を逃すわけにはいかないでしょう。今後はいろんな番組で経験を積み、あらたな魅力を身につけなければ、この世界は厳しいでしょう。

   

渡辺喜美の明日はどっちだ

自民党の渡辺喜美元行政改革担当相の離党について、各閣僚から「本当にけしからん。二度と仕事できない」(金子一義国土交通相)「夢のないわびしい離党だ」(鳩山邦夫総務相)などと批判が相次いだとのこと。
確かに、渡辺氏は新党と立ち上げるでもなし、誰かと組むでもなし、良く言えばフリーな状態でしょうが、悪く言えば無力の状態です。誰かがついてくると思っているのでしょうか。そこまでの求心力があるようには見えないのですが。

   

学力テストは必要か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090109-00000006-mai-soci
秋田県藤里町が今年4月の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)への不参加を決めたとのこと。この理由として寺田知事による成績公表がありました。
当然、塩谷立文部科学相は黙っていません。「懸念していたことだ。全国学力テストをやめさせることが公表の意図なのか」と寺田知事を批判しました。
公表には賛否両論あるでしょう。当然メリットもデメリットもある。でも、当事者(市町村や教育委員会)の意志をさしおいて、強行的に公表に踏み切ったのは行き過ぎでしたね。とはいえ、国民レベルで賛否を問えば、隠されるよりオープンな方がいいと言うでしょうから、公表賛成過半数になると思いますが。

   

タクシーは怖い

大阪府内でタクシー強盗が相次いでいることを受けて、橋下徹知事は6日、府庁で記者団に「治安には力を入れる。移動式の防犯カメラなどを充実させていく」と述べ、防犯関連の予算を来年度から増やす考えを示したとのこと。
たまたま大阪に重なったのだと思いますが、タクシーの運転手は落ち着かないのではないでしょうか。走る密室ともいえる車に、見ず知らずの他人と二人きり、しかも自分は運転しているから、あいてに襲われたとしても防ぎきれない。怖い商売です。防犯カメラをつけるとか、囲いをするとか対策が必要です。