お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ > 2009年3月

民主党劣勢。自民はいつ選挙する?

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/rikuzankai/
民主党の小沢一郎代表は27日午後、参院議員総会と衆院の代議士会に出席し、西松建設の巨額献金事件で公設第1秘書が政治資金規正法違反罪で起訴されても、代表続投を決めた理由などについて説明する。辞任を求める声は依然として根強く、小沢氏の進退問題が再燃する可能性もあるとのこと。
今まで民主党の支持率猛追で土俵際にたたされていた自民党。選挙をすれば歴史的大敗となるのではないかと、選挙に踏み切れなかったわけですが、いまや自民党への逆風は無くなったのではないでしょうか。ライバル民主党の自爆に助けられた形ですが、選挙するなら今と思っているのでは。

   

北朝鮮のミサイルの方向

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000156-yom-int
北朝鮮によるミサイルの発射準備を受け、迎撃に向けた自衛隊の部隊運用計画の全容が判明。30日にもイージス艦と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の展開を開始。焦点のPAC3の展開地は首都圏3カ所と東北地方2カ所の自衛隊施設に絞り、二正面で防護を固める。各1カ所に迎撃を統制する指揮所運用隊も置くとのこと。
さて、首都圏、東北に手厚く配備されるわけですが、北朝鮮の発射の方向が西日本になったらどうなるのでしょう。爆弾を積むわけじゃないのでしょうが、手透きの所の対策も必要にはならないでしょうか。でも、もしそうなったら北朝鮮はますます窮地に追い込まれることになるでしょうが。


   

WBCの決勝戦の行方

鳴り物入り?で始まったWBCですが、一次リーグから決勝まで、結局日韓戦ということに。
さて、ここまでは2勝2敗ということですが、まさに世界一を決める戦いはどのような結末になるでしょうか。それにしても一番戦いにくい相手です。勝った方が世界一。本当の決着となるわけですが、それにしてもアジア以外の野球のレベルとはこんなものなのでしょうか。
日本も韓国も負けた相手はお互いのみということになっています。

   

今日の日韓戦

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/samurai_japan/?1237343575
野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表は17日、米カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで午後8時(日本時間18日正午)に開始予定の2次ラウンド2回戦に登場し、準決勝進出を懸け韓国と今大会3度目の対戦をします。

さて、今回はどうなるでしょう。どきどきですが、仕事をしていて見られません。負けても終わりじゃないですが、どうせなら勝ってほしい。でもまず苦戦は必至でしょうね。イチローの出来にも係っていると思うので、その点も注目したいと思います。

   

報道の責任を痛感すべき

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000002-mai-soci

16日辞任した日本テレビの久保伸太郎社長は、報道番組「真相報道バンキシャ!」の今後について、「社長が辞任した以上、現状のまま続けることはないだろう」と話し、放送打ち切りの検討を示唆したとのこと。

ガセネタを見抜けず、大々的に報道してしまった責任は大きい。
ペンは剣より強しであり、報道機関は誤報についてしっかりとした謝罪と態度を示すべきでしょう。

新聞もテレビもそうですが、報道の時はしっかり時間を掛けてやる割に、訂正、謝罪については気が付かないほど小さい扱いです。これではぬれぎぬは全くはらされません。
誤った報道をしたのなら、最初の誤報以上に時間を割いて訂正し、広まってしまった濡れ衣を快勝する姿勢を見せるべきです。

   

WBC日本はどうなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000511-sanspo-base
さて、WBCが始まり、日本は中国と対戦。4-0で勝利しました。
しかし、全くすっきりしないゲームでもありました。
チャンスに点数がとれない、打線がつながらない、そして大注目のイチローに全く当たりが出ない。
前回のWBCもそうでしたが、日本チームが圧倒的に力を誇示した優勝ではなく、途中、いくつかの奇跡(アメリカがメキシコに負ける、韓国に2度負けながら、トーナメントで勝つなど)があって優勝しています。
前回王者ではありますが、優位な要素はないと思って応援する方がいいと思います。
次回の(たぶん)韓国戦、先発は松坂のようですが、調子がいいわけではないようなので、またはらはらする展開になるでしょう。

   

田母神氏ひっぱりだこだけど

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090301-00000071-san-pol

「『核兵器を持たない方が安全』と言うのは、日本の政治家だけ」「東京裁判は復讐(ふくしゅう)劇だ」「(植民地支配を謝罪した)村山談話を踏まえた幹部教育をしたら、自衛隊はつぶれる」
歯に衣着せぬ物言いに、会場から拍手が頻繁にわき起こっているようです。建国記念の日の2月11日、東京都新宿区の日本青年館で行われた田母神氏の講演会でのこと。定員300人の会場に、立ち見でも入り切れないほどの聴衆が詰めかけた。
国の役人としてどうかとは思いましたが、やめた今となっては誰にも止められないでしょう。
過激といえばそうでしょうが、相当の論拠があって、それが真実であれば日本国民なら多くが関心を寄せる内容だと思います。ただ、結果的に日本が国際的に不利益を被り、不景気・非平和になるのであれば遠慮してほしいと思います。