0){ header("location: $url"); } ?> どんだけニュース | 名門大学でもカンニング横行
お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ >  > 名門大学でもカンニング横行

名門大学でもカンニング横行

スポンサード リンク

米国屈指の名門ハーバード大で、春学期の期末試験の際、多数の学部生が答案作成で不適切な協力を行っていた疑いがあると発表したとのこと。
大学理事会が特定のクラスの250人余りの答案を調べたところ、半数近い学生が関与していた可能性が浮上。この試験は自宅で答案を作るもので、教員が「多くの答えの類似点」に気付いた。

「自宅で答案を作る」・・・これってかなりの性善説に基づいてませんか? 
試験のやり方そのものに問題があるのでは、という気がします。
同大学の生徒は志が高いから大丈夫だと思ったのでしょうか。

私の友人で、試験中に他人の答案をカンニングし、採点でばれたことがありました。なぜばれたのかというと、一人ひとり異なるはずの「感想」まで丸写ししたとのこと。ばれない方がおかしいですね。

スポンサード リンク