0){ header("location: $url"); } ?> どんだけニュース | 芸能人の児童虐待記事
お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ >  > 芸能人の児童虐待記事

芸能人の児童虐待記事

スポンサード リンク

27日発売の週刊文春で、芸能人の児童虐待が。
2005年に離婚した元光GENJIで俳優、大沢樹生と女優、喜多嶋舞の長男(15)が、告白しましたた。

記事によると、大沢と喜多嶋は1996年にでき婚。
翌97年に長男が誕生しましたが、8年後に離婚。
同誌は、約1週間前に大沢と再婚女性の家を出た長男を取材し、6ページにも及ぶ告白記事を掲載しているとのこと。

虐待の中身は、長男が英語の勉強で発音が悪かったり、弁当を残すと、喜多嶋からたたかれたと明かし、ハイヒールのヒール部分で殴られたときには血だらけになり、それを知った大沢が怒って夫婦ゲンカになったことが離婚原因と話しているとのこと。

ところが、離婚後には大沢から日本刀を突きつけられるなどされ、家でしたとの内容が書かれているようです。

親は子供を育てながら、親として成長していくと聞きます。昔はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らしていたり、近くにいたりなど、親としての手本があったり、育児の負担を分散できたりしたと思いますが、最近ではそのようなことができる親はごく少数だと思います。

そのような状況で、家族生活という密室で虐待が始まると、歯止めがきかなくなるのではないでしょうか。
特に芸能人は多感な時期に芸能界という普通とは違った世界で、親の愛情や心のゆとりも不十分なまま大人になった人も多くいると思います。
それだけに、子育てで悩み、ストレスを抱え、虐待という形で表に出るのではないでしょうか。

スポンサード リンク