0){ header("location: $url"); } ?> どんだけニュース | 維新の会は候補者から徴収・・新スタイル?
お知らせ

スポンサード リンク

TOPページ >  > 維新の会は候補者から徴収・・新スタイル?

維新の会は候補者から徴収・・新スタイル?

スポンサード リンク

来月16日の衆院選に向けて、大阪市の橋下徹市長率いる「日本維新の会(維新)」は出馬希望者50-60人を対象に「供託金の有無」や「選挙区の最終確認」を行っている。小選挙区の供託金は1人300万円、比例重複には600万円が必要で、維新はその他の費用も含め、借金をしてでも自分で負担するよう求めているとのこと。

選挙は金が掛かる、とはよく言います。資金集めのためにパーティーを開くこともよくあるわけですが、立ち上がったばかりの維新の会にはそのような資金力がなく、このように候補者からの集める必要がある、ということでしょう。

となると、いくら政治理念がしっかりしていて、日本を引っ張るに値する人がいたとしても、お金がなければその位置にすらいけない、ということがよくわかります。

見方を変えれば、維新の会の候補者は、借金をしてでも日本を変えようとする気構えがある、ということでしょうか。

スポンサード リンク